陽子線治療のできる病院

陽子線治療のできる病院

現在日本で陽子線治療のできる病院や施設はまだ数か所しかありません。まずはご自身の近くに施設があるかどうか確認しましょう。もし治療できることになっても、遠方であればホテルなどに滞在し、通院することになる可能性があるからです。
南東北がん陽子線治療センター
筑波大学陽子線医学利用研究センター
国立がんセンター東病院
静岡県立がんセンター
兵庫県立粒子線医療センター
福井県立病院陽子線がん治療センター
がん粒子線治療研究センター
名古屋陽子線治療センター
<主治医には上手に相談を>
もちろん今後施設は増えていきます。しかし現時点では陽子線治療のできる病院は数は非常に少ないことを覚えておいてください。上記の病院に問い合わせる前に、現在通っている病院の主治医に相談し紹介してもらうとよいでしょう。というのも、陽子線治療をしてくれる病院や施設は、ガンの診断や経過観察などはしていないからです。当然陽子線治療が終わったあとは、元の主治医に診てもらうことになります。したがってまず先に主治医に陽子線治療について相談し、医師に紹介状を書いてもらうとスムーズに話が進みます。さらに陽子線治療では、ガンの状態や現在の治療状態によっては受けられない場合があります。主治医から先によく説明を受けられてから、陽子線治療のできる病院へ問い合わせをしましょう。
陽子線治療を行っている病院は、個人で開いているところで受け付けているところはほぼありません。国でも県でも、大きな場所でないと治療を受けることはできないでしょう。ガン、という治りにくい病気なのですから、多くの人は個人開業している病院を選ぶなんてことは少ないかもしれませんが、大きな病院でもなるべく情報を収集したほうが良いと思います。
それというのも、大きな病院でも勤めているお医者さん、担当してくれているお医者さんによってはだいぶ評価も評判も変わりますよね。経験豊富なお医者さん、というのが理想かもしれませんが、専門の方でないと効率的な治療もできませんし、経験が豊富だからといってしっかりしているとは限らないでしょう。だからこそ、念入りに、かつ迅速な情報収集は必要だと思うのです。
〈病院の評判を〉
そんなに難しく考えなくても良いのです、ちょっとした口コミ、周囲の評判、それだけでも十分な情報というのは集まるものですからね。近所の人と話すときになど、あそこの病院は良い、勤めているあのお医者さんが腕が良い、などなど話題に出すだけでもだいぶ違います。良い話を聞けば、自分も患者さんも安心できるのですからまさに一石二鳥。より良い治療を受けるためにも、行動できるときは動いたほうが良いというものです。
最近テレビや雑誌などで陽子線治療の効果について報道することが多くなり、自分や家族も受けたいという方が増えてきました。しかし病院の門をたたく前に、陽子線治療が本当にご自身に必要なのかどうかよく確かめる必要があります。というのも、陽子線治療は一部のガンに対して非常に高い効果を示しますが、苦手なガンもあるからです。
ガン治療は長い闘いになりますので、信頼できる病院を見つけることが何より大切です。特に陽子線治療は初期ガンに有効な治療なので時間との勝負です。主治医になかなか治療に対して口出しするのは難しいかもしれません。そういうときはセカンドオピニオンなどを利用して、陽子線治療の適応などについて確認してみましょう。最終的には陽子線治療の紹介状を書いてもらわなければなりませんので、信頼できる病院はどこなのかの見極めが重要です。

陽子線治療が対象外のガンとは

陽子線治療では高LET放射線という非常に集中した放射線をガン細胞に向けて照射します。ところがこの高LET放射線は非情に高いダメージをDNAに与えるため、よく動くような臓器には不向きです。当然広い範囲に散らばっているような状態ですと、治療効果が得にくくなります。血液のガンなど流動性のあるガンは最初から対象外になるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク