陽子線治療 効果

陽子線治療 効果

陽子線治療は高LET放射線といって、集中してガン細胞を壊す治療法です。そのため局所的に存在するガンに対して非常に有効であるといわれています。放射線治療と比べその効果についてはいうまでもないという医師が存在する程です。ただ陽子線治療を受けられる施設が限られているため、治療を受けた方が少ないのです。したがって効果について断言できるほどの資料がそろっていません。
しかしながら、深部のガンに対しての有効性は明らかですので今後も目の離せない治療法といえそうです。放射線は運動エネルギーを持った小さな粒で、俗にいう素粒子というものです。よって、物体にそのエネルギーをぶつければどこかで放出されるのは自然なことですね。治療ではガン細胞に放射線をぶつけてDNAを破壊するのが目的です。

陽子線治療の利点とは

通常ガン細胞は皮膚の下にあります。しかし放射線治療ではX線などを用いるため、エネルギーは皮膚付近が一番高くなります。ガンにたどり着くまでに通った健康な細胞のDNAを破壊する可能性が高くなります。ところが陽子線治療ではこのエネルギーの大きくなるポイントをコントロールすることができます。副作用が少ないため、予後が良好になり効果が高いといわれる所以です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク