すい臓がん 症状 ステージ

すい臓がん 症状 ステージ

すい臓がんの症状のステージは、1から4まであります。ステージとは、症状の進行のことを言います。腰痛や腹痛などから、ステージは始まるそうです。ステージ4、つまり末期になると体に黄疸という症状が出てきてしまうそうです。すい臓がんのステージを遅らせるために医者が努めます。少しでもステージを遅らせることは、長生きすることにつながってくると思います。
私の祖母はがんで亡くなったのですが、亡くなる直前は体中黄疸でした。その時に、人はがんがひどくなると、黄疸になってしまうということが分かりました。すい臓がんに限らず、がんの進行が進むと黄疸になってしまうのですね。そうならないためにも、治療を頑張るのです。少しでも長く生きて欲しいと願って、医者は治療に頑張るのです。本人と医者の二人三脚が大切です。

自分のペース

すい臓がんの治療も自分のペースでやることが大切です。症状に合わせて、医者と相談しながら治療を決めておくと良いです。すい臓がんの症状のステージをしっかりと把握すると治療が決めやすくなるはずです。自分のペースで、体と相談しながらゆっくりです。ゆっくりだけど確実に治療していくことがポイントです。自分自身と医者を信じましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク