子宮頸がん 早期がん

子宮頸がん 早期がん

子宮頸がんは、早期がんのうちに発見することができれば、比較的治療しやすいがんであり、予後も良いそうです。しかし、早期がんのうちに発見できず、子宮頸がんが進行してしまった場合、逆に治療することが難しくなってしまいます。治せる、防げるがんである子宮頸がんを、早期がんのうちに見つけるためには、何をおいても定期健診が必要不可欠なのです。

子宮頸がんが進行してしまっている場合、女性は大切な子宮を失ってしまうこととなります。それだけでなく、死に至る可能性もある病気です。しかし、自覚症状は、ある程度子宮頸がんが進行しないと出てこない場合が多いと言われています。つまり、自覚症状が出てからでは、遅いという可能性もあるのです。早期がんのうちに発見できれば、子宮を温存する治療法を選択することができます。

<定期的な子宮がん検診を>
早期がんのうちには、自覚症状はほとんど出ません。そのため、気付かずに時間だけがどんどん経ってしまうというケースは、めずらしくないのです。子宮がんを少しでも早く見つけるためには、定期的な子宮がん検診が欠かせません。家族を作りたいと思える相手と出会ったときに、後悔しないよう、少しでも気になることがあったら、専門医に相談しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク