子宮頸がんワクチン 副作用 真実

子宮頸がんワクチン 副作用 真実

これまで、子宮頸がんの予防に効果があるとして、積極的な接種が呼びかけられてきた子宮頸がんワクチンですが、副作用の疑いがあるとして、案内の送付などが取り止めになりました。問題視されている子宮頸がんワクチンの副作用ですが、真実だからこそ、接種が推奨されなくなったのではないでしょうか。
実際、薬の被害などの報告を取りまとめているアメリカの機関によると、子宮頸がんワクチンによる副作用に悩まされている人は、報告されているだけで、2万8千人以上いるとされています。死者も100人以上出ています。この数字を、多いと見るか、少ないと見るかは人によるかもしれませんが、軽視できないレベルの被害がこれだけ起きているというのが真実なのです。

効果とリスクを理解したうえでの接種を

子宮頸がんワクチンの副作用が問題となり、真実を訴える被害者もいるなかで、接種を受けるか受けないかの判断は、私たちにゆだねられています。しかし、どんな薬にも、副作用は起こり得るのです。そのリスクと、薬の効果をきちんと理解したうえで、ワクチンを接種するかどうかを判断する必要があります。全員に起こる被害ではありませんが、自分の身に振りかかる可能性のあるものですので、ひとりひとりが真剣に向き合うことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク