食道がん 症状

食道がん 症状

食道がんの中期の症状は、固形物がのどを通れなくなります。また、痛みも生じてくるそうです。食道がんが末期になってしまった時の症状は、体力がなくなります。体力がなくなることで手術も難しくなります。食事の量も減ることでしょう。なので、食道がん末期になったら体力をつけるためにゆっくり休むことが大切です。体力があれば、長生きできるはずです。
食道がんの初期症状は、気が付きにくいそうです。ごくわずかの初期症状に気が付く人は、食べる時に違和感を覚えるそうです。食べ物を飲み込むときにしみる感覚があるからなのでしょうか。あくまでも私の考えですが、食べる時にいつもと違う何か違和感を覚えたら、食道がんの疑いがもしかしたらあるのかもしれません。その時は、すぐに病院へ行って先生に相談してみましょう。疑いをそのままにしておくことは、いけないことです。

<気が付く努力>
食道がんの初期症状に気が付く人は少ないです。それでも、気が付く努力をするのです。小さな初期症状を見ぬくのです。そのためには、意識して食事をしなければいけません。少しでもいつもと違う感じがしたら、すぐに疑いを持ち、病院で検査することをおすすめします。それが早期発見につながります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク