食道がん 手術

食道がん 手術

食道がんの手術は、大きく分けて4つあります。切開と食道切除とリンパ節郭清と再建です。食道がんの進行によって、異なるみたいです。名前だけでは分かりにくいリンパ節郭清と再建について少しだけ説明します。リンパ節郭清とは、がんが転移すると言われるリンパ節をとってしまうことです。再建とは、食事をする時に大切な食べ物の道を作り直すということです。

食道がんの問題は、食べ物が食べられないことで栄養がとれないということです。なので、手術をして少しでも栄養が取れやすくするのだと思います。手術の方法は、食道がんの今の状態をしっかり調べてから、その食道がんの今の状態に合った手術をします。それによって、栄養の取り方が変わってくると思います。手術は大切な事なので、じっくり話し合ってから決めることが大切です。

<手術>
私は、手術に対して怖いと思っていました。手術をしたことがないのに、勝手にそう思うことはいけないことですよね。しかし、手術について知識を増やしていくうちに手術は病気を治すために必要ということが分かり、怖いと思うことはなくなりました。思い込みはいけませんよね。なので、私は病気になって手術することになったら、恐れることなく手術に臨めるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク