食道がん放射線治療副作用

食道がん放射線治療副作用

食道がんの放射線治療副作用は、少ないそうです。手術とは違うので、放射線治療副作用は出にくいそうです。しかし、それも人によります。人はみんながみんな同じ体をしているわけではありません。一人一人違います。なので、放射線治療副作用が出るか出ないかはその人次第ということになります。放射線治療副作用が出たとしても、先生がしっかりと対応してくれるので大丈夫です。

最初は放射線治療副作用が出ないとしても、長く続けていることによって出てくるということもあるそうなので、その点は注意が必要です。食道がんになり、放射線治療をする人もいると思うので、副作用についてあらかじめ知っておく必要があります。私自身も食道がんになったとしたら、放射線治療をすると思うので、副作用が出るか出ないかをしっかり見極めたいです。

<無理だけはしない>
食道がんで放射線治療をして、副作用が出たらすぐに先生に相談することが大切です。無理だけは絶対にしてはいけません。無理をして頑張りすぎてしまうと、体力が落ちてしまいます。病気と闘うには、体力が必要となります。体力が落ちてしまう前に、先生に相談してください。そうすると、対応してくれます。無理をしないで何でも先生に言うことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク