卵巣がん 治療法

卵巣がん 治療法

食事の欧米化や生活習慣の変化により、豊かな暮らしになりました。特に、女性の社会進出により、晩婚化や初産年齢の高年齢化に加えて、食生活の充実により女性特有の「がん」が増加しています。しかし、医療技術の発達により、効果的に治療が行われるようになりました。
女性特有の「がん」と言えば、「乳がん」「子宮がん」「卵巣がん」が代表的な「がん」と言えます。「乳がん」や「子宮がん」は、検査や検診も確立しており、比較的早期に「がん」を発見することや治療することが容易になってきました。しかし、「卵巣がん」に関しては顕著な症状もなく発症します。

早期発見の重要性

早期発見すれば治療も負担がかからず、生存率も飛躍的に伸びます。5年後の生存率も90%を超えますので、早期発見が最大の治療に成り得るようです。「卵巣がん」治療は、外科手術を主体に抗がん剤治療が行われます。内視鏡(腹腔鏡)の外科手術よりも開腹手術が選択されることが多いようです。腫瘍摘出後、抗がん剤で転移・再発を抑えます。比較的抗がん剤がよく効きため、2剤を交互に点滴をする治療法が効果を上げています。通常、「がん」では放射線治療を併用しますが、「卵巣がん」ではあまり効果が上がらないため、採用されないことの方が多いようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク