卵巣がん 腫瘍マーカー

卵巣がん 腫瘍マーカー

最近では、医学的検査の技術が発達し、いろいろな検査を血液で調べられるようになりました。たとえば、従来MRI検査でないとわからなかった脳梗塞ですが、血液検査である程度わかるようになってきました。また、腫瘍(「がん」があると反応する「腫瘍マーカー」検査もいろんな種類が開発されてきています。
「腫瘍マーカー」とはいったいどのような検査なのでしょうか?人間の細胞が「がん」になると、ある特殊なたんぱく質を生成することがわかっています。これを「マーカー」(「がん」が存在することのマークという意味)と呼び、さらにそれらは臓器ごとに特異な特徴を持っています。女性に急増している「卵巣がん」も腫瘍マーカー検査が存在します。
【血液検査値だけで自己判断は禁物】
「卵巣がん」の腫瘍マーカーといえば「CA125」(読み方:シー・エー・いち・にい・ご)がポピュラーな検査です。血液検査で済み簡便ですが、早期の「卵巣がん」にはあまり反応がありません。医師は、この検査を「卵巣がん」に罹患後、手術等の治療を行った後、再発していないか確認するための目的で行ないます。医師は、問診内容や診察・各種画像診断とともに総合的に判断しているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク