卵巣がん エコー わかる

卵巣がん エコー わかる

飛躍的に医学が発達した現在でも、なかなか初期で発見しにくい「がん」は、まだたくさんあります。大腸がんや肝臓がん・卵巣がん等は沈黙の臓器と言われる臓器にできる「がん」です。早期のうちは自覚症状がなく、気づいたときは進行しているケースことが多いので、エコー検査は非常に有効です。
そのような、病気に関して有効な方法はあるのでしょうか?答えは「YES」です。定期的に検査をして、早い段階で発見することです。特に、エコー検査(超音波検査)はレントゲンやCT検査のようにX線の被ばくの心配が全くないため、妊娠中の方にも安全です。たとえば、「卵巣がん」を例にとって説明しましょう。

卵巣がんにエコー検査は有効か?

「卵巣がん」の検査として有効なのは、血液検査(腫瘍マーカー)・経腟エコー検査・MRI検査ですが、比較的安価でポピュラーなのは、エコー検査です。婦人科診察の時に膣から細いプローブ(超音波を発生し、はね返ってきた超音波を探知する部位)を挿入し、子宮や卵巣の様子を検査します。主に、医師が実施しますので、検査中に病状の説明が可能です。特に卵巣が腫れていたり、腫瘍ができているかどうか観察するのに適しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク