末期がん克服

末期がん克服

末期がん克服。素晴らしい言葉ですね。本当だったら、夢のような奇跡のような言葉です。でも、あり得ないことではありません。広い意味でも狭い意味でも。問題は克服と言う言葉にあります。
末期がん克服と言う言葉を聞くと、たいていの方が末期がんが治ったという意味に解釈するのではないかと思います。でも、克服と言う言葉の意味は努力して打ち勝つこと、です。治癒を意味する言葉ではありません。末期がん克服と言う言葉の本当の意味は末期がんに打ち勝つということであり、逆を言えば決して屈しないと言うことです。死ぬことはがんに屈したのではありません。この意味から考えれば、これまであまたの人々が末期がんと戦ってきた闘病の歴史は決して敗戦の歴史ではありません。それこそ、末期がん克服の歴史です。

末期がんを克服するには

次に狭い意味で、実際に末期がん克服を成し得、末期がん宣告からずっと何年も経っていると言う方もいらっしゃいます。また、がんと共存し何年も生きていらっしゃる方も存在しています。そういった方々の特徴は明るいことです。滅多なことでくよくよせず、常に前向きでよく笑います。また、食生活や運動にも気を配っている方が多いです。総じて、健康的な生活をして、自己免疫力を高めるという暮らしぶりを選ぶ方が多いです。また、家族の方の支えが不可欠だと言われています。家族の方々の愛情こそが末期がんの特効薬であると言っても過言ではありません。末期がん克服のカギは本人のからだにとっては免疫力ですが、精神的には、ひとりではない、と言う安心感や少しでも長く家族と一緒にいたいという気持ちなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク