紅豆杉療法

紅豆杉療法

中国雲南省の高山に生息する紅豆杉は、国家一級保護植物にも指定されているほど貴重な植物となっており、戦後植林が成功し絶滅の危機を脱するまで世の中には全く出回っていませんでした。絶滅危機を脱したのをきっかけに中国は日本とアメリカに対して輸出する事を決断し、現在では癌療法やリウマチ療法、花粉症アレルギーの改善療法などとして利用されるようになりました。

紅豆杉は飲みやすいお茶にして摂取する方法と紅豆杉エキスを凝縮したエキス粒から摂取する方法があります。どちらも癌療法などに対しての効果には変わりありませんが、紅豆杉茶はお茶として煮出す事で毎日飲むお茶を紅豆杉茶に換えることで病状改善としてだけではなく健康維持にも効果的です。紅豆杉エキス粒1包には紅豆杉茶のティーバッグ約2.5袋分の紅豆杉エキスが配合されていますので、紅豆杉茶よりも効率よく紅豆杉を摂取することが出来ます。

癌療法、リウマチ療法などの病状改善を目的として服用される方には、手軽で出先にも携帯しやすい紅豆杉エキス粒をお勧めしますが、肝機能の向上や花粉症アレルギーの改善療法として服用される方には、毎日の習慣に出来る紅豆杉茶を飲み続ける事をお勧めします。
がん治療には抗がん剤を利用する方も多いですが、効き目が強いためその副作用も出てきます。髪の毛が抜けてしまったりするなど見た目にも表れてしまうため、やはり抵抗がある人も多いかと思います。そこで紅豆杉が注目されています。
紅豆杉エキスは、がん細胞を自然に死滅させる作用があり、また正常細胞には全く影響をあたえません。そのため、さまざまながんに効果的であると多くの学会で発表されております。また、どれだけ摂取しても大きな副作用もありません。がん治療には、化学療法や放射線療法など、いくつかの治療法が存在しておりますが、紅豆杉療法により、がん治療に励む方も増えてきているようです。
<がんだけではない>
リウマチにより、全身に痛みが走り苦しんでいた人が、紅豆杉エキスで作られた粒を飲み始めるたところ、体の痛みが徐々に減っていき、半年経った頃には普通に生活できるようになるまで改善されたという報告もあります。こうした紅豆杉療法を始めてみる方が増えていき、他にも花粉症やアレルギー、ぜんそくなど、さまざまな病気の療法としてももちいられております。これも、150種類近くの健康成分があるとされる紅豆杉がなせることなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク