紅豆杉 病院

紅豆杉 病院

紅豆杉が注目を浴びるようになったのは、1956年アメリカで、紅豆杉の抽出物質に抗ガン作用があることを 発見した事が始まりでした。その後さまざまな研究機関や製薬会社にて研究され、1971年にガン抑制成分のタキソールの単独分離に成功しました。そしてタキソールは1994年に化学合成が可能となり、抗がん剤として認可されることとなりました。日本でも1997年に抗がん剤として認可がされ、今は世界数十カ国の病院で利用されております。
ただ抗がん剤となると、使用するまでのハードルが高くなってしまいますが、紅豆杉は抗がん剤としてだけではなく、健康食品としても提供されております。そのため、簡単に始めることができるのです。また紅豆杉は医薬品と併用しても問題ないとされているため、病院の薬や漢方と併用が可能です。
<医者も驚く程の効果!?>
がんに侵され余命3カ月と申告された方が、知人の方から紅豆杉のお茶を差し入れがあり、それを飲み続けたところ、奇跡的な回復を見せ、一人で出歩けるまでになったそうです。また抗がん剤を使用している方が、副作用による激痛に悩まされていたのですが、紅豆杉を飲用し激痛から解放されたという声もあります。このように病院では解決できない患者の症状も改善してしまう、驚くべきパワーがあるのです。
癌治療、リウマチ、花粉症などのアレルギー症状などに効果的だと言われる紅豆杉。お茶としても紅豆杉エキス粒としても摂取することが出来ますが、1日にどれだけ摂取しても問題はないのでしょうか。

基本的には紅豆杉を摂取する量は決められていませんが、紅豆杉茶として摂取する場合、1リットルに対して1袋から3袋を入れて煎じるのが目安とされています。こちらも目安となっているだけなので1リットルに3袋以上入れても問題はないようですが、胃腸が弱いという方は避けた方が良いようです。また、紅豆杉は病院で処方される薬と併用して服用しても問題はないとされています。しかし処方される薬によっては医師から注意を受ける事もあるかと思いますので、病院の医師から注意を受けた場合は気を付けるようにして下さい。

紅豆杉を癌治療のために服用されている方は紅豆杉エキス粒を利用されている方が多く、1日に約3包から5包服用されている方が多いようです。紅豆杉粒エキス1包には、紅豆杉茶のティーバッグ2・5袋分に相当するエキスが含まれており、紅豆杉茶で摂取するより紅豆杉エキス粒で摂取する方が1日に多くの紅豆杉を摂取することが出来ます。紅豆杉エキス粒は胃腸が弱い方にもお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク