肝臓がん術後体に青あざができる

肝臓がん術後体に青あざができる

肝臓がん術後体に青あざが出来ることがあります。青あざが出来る理由の一つに、血小板の減少があります。術後に血小板が減少してしまう可能性もあるみたいです。その時は、医者に相談して薬をもらうなどをすれば、良くなるはずです。青あざがあると気になってしまいますが、肝臓がんの術後によく見られることがあるみたいなので、医者に相談すれば大丈夫だと思います。

私は、よく青あざが出来ます。知らぬ間に青あざが出来ているということが結構あります。出来やすい体質なのでしょうね。なので、肝臓がんの手術をしたら術後体に青あざが確実に出来ると思います。しかし、肝臓がんの術後には青あざが出る場合もあるということが分かったので、少し安心します。とりあえず、医者に相談して、血小板を増やす薬をもらいたいと考えています。

知識があればあるほど安心する

病気への知識があればあるほど、自分自身で安心することが出来ます。肝臓がん術後体に青あざが出来る場合もあるという知識を知っているだけで、術後に青あざが出来てもあまり混乱しないと思います。なので、知識を積むということは大切です。私は、今のうちに病気に対する知識をたくさん増やしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク