肝臓がん 食事がとれない

肝臓がん 食事がとれない

肝臓がんになると、食事がとれないということがあります。食事がとれない理由は、腹部が圧迫されてしまうからです。腹部が圧迫されるとなると、食欲が無くなります。食事がとれないということは、栄養がとれないということです。食事は生きていくために大切なことなので、それは避けたいです。
なので、食事がとれないということになったらすぐに病院へ行きましょう。

食べることが大好きな私にとって、食事がとれないということはありえないことです。高熱があったとしても、食欲旺盛です。いつも母に驚かれます。なので、私が食事がとれないということになったら、すぐに病院で肝臓がんの検査を受けます。食事がとれないという変化にいち早く気が付くことが出来そうです。食事がとれないということに早く気が付いて、病院へ行くことが肝臓がんの早い治療につながります。

<食べる幸せ>
美味しいものを食べている時って、幸せに満たされますよね。少なくても、私はそうです。なので、肝臓がんをどうにかして避けたいと思います。私にとって食事がとれなくなることが本当に嫌なので、肝臓がんについてもっと勉強して避けられるように頑張りたいです。とりあえず、食べる幸せを失いたくないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク