大腸がん 肝臓転移

大腸がん 肝臓転移

大腸がんが肝臓転移してしまう場合もあるそうです。がんになって、恐れなければいけないのは転移です。転移によって、健康な所までがんに侵されてしまいます。大腸がんも肝臓転移してしまうのです。肝臓転移したら、手術が可能な場合は手術をしてがんを取り除きます。手術が不可能な場合は、本人の体力を見ながら出来る治療を進めていくのだと思います。先生と充分に話し合う必要があります。
がんは、転移が恐ろしいです。転移によって、体力が落ちてしまいます。大腸がんになると、肝臓転移の心配もすると思います。考えることは多くなってしまいますが、希望は捨てないでください。希望捨てずに前を向いて、頑張ることで必ず良い事があります。大腸がんが良くなった自分の元気な姿を励みに、ひたすら大腸がんと闘い続けるのです。人間は強いので、闘い続けることが出来ます。
<負けない心>
病気と闘うために必要なのが、負けない心です。「負けてたまるか」と強く思うことで、闘い続けることが出来るのです。大腸がんとなって、肝臓転移したとしても、負けない心で強く闘い続けましょう。人間は、だれもが努力家だと思うのできっと頑張り続けられます。頑張った先には、必ず良いことが待っています。私はいつもそう信じて、何かを頑張っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク