肝臓がん 末期 余命

肝臓がん 末期 余命

肝臓がんが末期になると、おそらく余命宣告されると思います。5年後の生存率も言われるはずです。肝臓がんが末期の状態でも人によって、余命は違うはずです。病気の進行や本人の生命力や体力なども関係してくるはずです。なので、末期になって余命宣告されたとしても自分自身を信じてみることが大切です。
自分自身の生命力や体力を信じましょう。また、家族も落ち込むのではなく、希望を持って本人を信じるべきです。

体力の話が出ましたが、私は生まれつき体力が普通の人の半分しかありません。どんなに頑張っても体力がつきにくいのです。最初は悔しかったのですが、いつしかそういう自分に負けないために毎日運動するようになりました。少しずつではありますが、体力がついてきました。なので、肝臓がんの末期になって余命宣告されたとしても、自分の体力を信じられると思います。

人は思っている以上に強い

人って、自分が思っている以上に強いのです。今までたくさんの壁を乗り越えた分、強くなっているのです。なので、自分を信じましょう。肝臓がんの末期になったとしても、余命を告げられたとしても信じてみることが大切です。信じることで肝臓がんの進行を少しでも遅らせられ、余命より長く生きられるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク