胃がん 進行速度

胃がん 進行速度

胃がんの初期症状はほとんど目立つことなく自覚症状もあまりありません。胃がんであると診断された時には初期の段階から数年もたっていたという例もあります。早期がんが胃の内部でのがんであるのに対し、筋肉層以降に広まったがんを進行がんと呼んでいます。進行がんは胃から他のリンパ腺や臓器への転移が始まりやすくなるのです。この進行速度の変化により転移し増殖をして再発するという流れが進んでいきます。

早期胃がんの進行速度はゆっくり進行するという特徴

5mm程度の小さながんに成長するまでには3年~5年位かかります。そのまま留まりゆっくりと成長をしていき、そこからさらに数年経ったころに、胃の粘膜にそって広がっていったり、胃の壁を破って胃の外に出たりしながら進行していきます。胃の壁を破って筋肉層にまで達するようになると、進行胃がんに変わり、このころにはがん細胞が悪性となって増殖スピードが増してきます。またこの段階でリンパ節への転移が始まり、さらに大腸やすい臓へと転移していく可能性も高まります。胃がんの進行は、初期はゆっくりと数年の時間をかけて成長し、進行するたびにスピードをあげて身体の中の様々な臓器に転移をしていくのです。

胃がんの浸潤

胃がんは胃壁の深くに達しているほど治療が困難になっていきます。がんが早期胃がんから成長して進行胃がんになると、吐き気や食欲不振、胃の不快感や胃の痛みなどの自覚症状が現れてきます。胃がんはかなり悪化していて成長も速まっています。がんは大きくなるだけではなく、たんぱく質を溶かしながら浸み込むように周囲に広がっていくのです。これを浸潤といいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク