胃がん 輸血

胃がん 輸血

あまり必要がない、胃がんでの輸血

胃がんの手術によって直接身体に与えるダメージの一つとして、出血及び出血による貧血や輸血の必要性がでてきます。しかし、胃がんの手術の場合は輸血をする必要はほとんどなく、仮に輸血が必要な場合は自分の血液を貯血して手術に備えるという方法もあります。心配される手術後の合併症として腹膣内出血(胃の切除部分の出血)が起こる可能性があります。この治療方法としても輸血が必要な場合もあります。
胃がんの手術後に合併症が起きた場合は輸血療法が必要になります。最近では献血された血液の必要成分だけを輸血する方法が行われています。また、輸血される血液の量も少なくてすむために心臓への負担も軽減されます。以前は他人の血液により拒絶反応を起こす等、強い副作用がありましたが、現在は放射線を照射された血液を必要な分だけ使用するため、副作用を減らすこともできるようになりました。

胃がんで、より安全な自己血の使用

他人の血ではなく自分の血を輸血する方法もあります。手術前に前もって自分の血を採取して保存した自己血を使用します。ただし、手術前の期間が充分にあり、且つ医師が適応と判断した場合に限ります。心配される感染症や免疫反応等の副作用の大部分を避けることができるより安全な血液です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク