胃がん 胃にやさしい食べ物

胃がん 胃にやさしい食べ物

食べた物の影響を受ける胃のために、初めから食事で胃がんを予防することができれば闘病生活を送ることはありません。毎日の食事の改善をしていくだけで胃がんの予防となることも可能です。改善方法としては規則正しい食事をとることが重要になります。毎日時間を決めて食事をとることや、新鮮な野菜や果実をたくさん食べること、脂肪の多い肉や香辛料、お酒類を控えることです。規則正しい生活を送り、食べ物や飲みものの過度な摂取を行わないことにより、胃がんの予防にもなるのです。
胃がんの手術後の胃にやさしい食べ物としては、食べるものには制限はないようですが食べ方が変わります。食事の回数を多くして一度に多く食べないようにコントロールする必要があります。食べ方としては、よく噛むことによって消化機能の負担を助けます。ゆっくりと時間をかけて規則正しい時間に食事をする生活を送ることが大切です。アルコールや消化の悪い食べ物などは、医師と相談のうえ摂取するようにしてください。胃にやさしい食べ物とは、胃に負担をかけない食べ物のことです。胃に負担をかける食べ物は固いごはんや脂肪の多い料理、胃に刺激を与えたり病状を悪化させたりする食べ物は、辛味の強い料理です。麺類はうどんやきしめん、そうめんが消化がよいとされています。パンはトーストすることにより消化がよくなり、サンドイッチは刺激のあるマスタードや辛子の入っていないものを選びます。野菜は温野菜を中心に摂ります。
〈さらに効果的な胃にやさしい食べ物〉
玄米や雑穀物(麦、ひえ、あわ、きび)には、アミノ酸、たんぱく質、鉄分、カルシウム、ビタミンB1が多く含まれています。胃や腸内細菌を活発にして胃や腸を整える効果があります。胃がんの予防や胃潰瘍にも効果があるといわれています。より自然なものを食べることにより、胃の調子を整え身体に必要な栄養が充分に摂れる最も効果的な胃にやさしい食べ物といえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク