胃がんの疑い 生魚は食べても平気

胃がんの疑い 生魚は食べても平気

胃がんを招く大きな要因として塩分の取り過ぎと喫煙が挙げられています。自覚症状がなくても胃がんの疑いのある(胃がんになりやすい)人は塩分の多い、タコ、いくら、めざしや漬物等の食品を好む、濃い味付けが好きである、生野菜や果実をあまり食べない、ピロリ菌に感染している、タバコを良く吸う人などです。胃がんを予防するためには、食生活と喫煙の改善が重要だと思われます。
胃がんは胃の粘膜から発生するがんのことです。胃がんの大きな原因の一つである喫煙が体に与える影響は大きく、喫煙者は胃がんを疑ってみるほどの注意が必要です。たばこにはニコチンやタール、一酸化炭素などの有害物質が多く含まれており、この有害な煙が胃粘膜の血流を妨げて潰瘍にかかりやすくなります。食生活の影響も胃がんを招く原因のにもなります。塩分のとりすぎやビタミン、ミネラルなどの欠如、または動物性脂肪のとりすぎは胃がんを引き起こす要因ともなります。胃がんの予防のなめにも、普段から肉は少なめにして野菜をたっぷりと取る食生活を心掛けましょう。

胃がんは生魚は食べても平気でしょうか?

ガン患者は白血球が減少しているために感染を起こしやすい生ものは制限されています。動物性たんぱく質の摂取制限があるために、刺身などの生魚や卵などは制限されていますが決して食べてはいけないということではないようです。新鮮なものを少量食べる程度ならば生魚は食べても平気と考えられます。ただし、免疫力が低下している人が生の魚介類を食べると「ビブリオ・バル二フィカス菌」に感染し死亡する恐れもあるようです。生魚を食べる時は医師の適切な判断をあおぎ、少量食べるようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク