膝の痛み コンドロイチンは効くの

膝の痛み コンドロイチンは効くの

特に高齢の方になると、立ち上がったり座ったりするときに、膝の痛みで苦しい思いをしている人も多いと思います。そんな人にもコンドロイチンは効くのでしょうか。そもそも何で膝の痛みが出てしまうのかご存知でしょうか。
原因として一番多いのが、膝の軟骨がすり減ることにより、骨同士が直接当たり、痛みを伴ってしまう事です。膝にある軟骨は水分を含んでいるため、とても柔らかくクッション性があります。それが使用を重ねることで、柔軟性を失ったり、量そのものが減ってきてしまいますので、骨同士が直接ぶつかるようになり、激しい痛みとなってしまいます。
<コンドロイチンを摂って防止>
コンドロイチンは軟骨の再生に非常に効果的な成分だからこそ、膝の痛みにコンドロイチンは効くのです。加齢に伴いコンドロイチンは減少していくものですので、年齢を重ねるごとに関節痛に悩む人が多くなるのもそういった理由があります。どんなに健康的な人でも、体内のコンドロイチンの減少は起きてくることですので、意図的にたくさん摂ることが大切になってきます。とはいえ、コンドロイチンを多く含んでいるのはサメのフカヒレの部分なので、毎日食べることは難しいことから、サプリメントで補う方が増えてきているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク