大腸がん CR

大腸がん CR

大腸がんの検査に、CT検査があります。CTとは、レントゲンです。CTで腹部のなかを見て、大腸がんがあるかを見るのです。CTを使うことによって、早期発見につながる可能性もあります。CT検査は短時間ですみますし、大腸の外部の部分も診ることが出来るのです。ただ、妊娠している方はCT検査は、胎児に影響を及ばしてしまうと大変なので、出来ません。大腸がんの検査は、他にもあるので大丈夫です。
私は、CT検査を受けたことがあります。大腸がんの検査ではなかったのですが、学校の健康診断で異常があって、CT検査で詳しく診断しました。すると、何ともなかったので安心しました。CTは、詳しく出来るので大切だと思います。なので、大腸がんの検査をするとなったら、CT検査も頭に入れて考えることが大切です。私は大腸がんの疑いを持ったら、先生と相談してCT検査をします。
<早期発見>
検査で何よりも大切なのが、早期発見です。早期発見によって、治療の方法など変わってきます。良くなる確率も高くなるはずです。なので、CT検査など様々な検査をして、早期発見するということが大切なのです。先生とじっくり話し合って、検査を進めることが良いです。早期発見をして、早めの治療が理想です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク