大腸がん検査方法

大腸がん検査方法

大腸がんの検査方法でよく行われているのが、便潜血検査です。この検査は、有効で大腸がんが見つかる確率も上がるそうです。便に潜むわずかな血でさえ、見つけることが出来るそうです。そして、早期発見にもつながります。大腸がんの検査方法は、他にもありますが、これが一番有効だと聞いたことがあります。なので、私は大腸がんの疑いを持ったら、この検査方法にします。
私は、検査というものが嫌いなのです。順番待ちも嫌いですし、検査で病気が見つかると思うと怖くて仕方ありません。しかし、この前検査の大切さを知りました。親の知り合いが、何かの病気の疑いを持って検査に行ったら、その病気が見つかったそうです。しかも、早い段階で見つかることが出来たので、早く良くなったそうです。その時に検査の大切さを知り、検査が嫌いと言っている場合じゃないことに気が付きました。
<長生きするために>
検査というのは、長生きするためにあるのだと思います。様々な検査方法で病気か確かめるのです。大腸がんもそうです。様々な検査方法があるので、病院の先生と相談をして決めるのです。その検査で大腸がんが見つかれば、治療を始めます。たとえ、辛い治療だとしても長生きのためなら私は頑張れます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク