大腸がんの血便の色は

大腸がんの血便の色は

大腸がんの血便の色とは、暗い赤色になるらしいです。ふつうの赤ではなく、赤の暗い色がポイントです。その色の血便が出ると、大腸がんの可能性があります。血便が出たときは、すぐに病院へ行くことが良いと思います。また、血便ではないかと便のチェックをすることも大切です。大腸がんを防ぐために便チェックをした方が良いかもしれません。早期発見になるためにも、血便かどうか調べましょう。
血便となると、お腹の調子が悪くなります。なので、お腹の調子が悪くなり、血便となったら大腸がんのサインです。そのサインを見逃さずに、病院へ行き、検査をすべきです。便からのサインを見逃さないようにするために、便チェックは必要なのです。便の色を確認するだけで良いと思います。なので、時間がかかりません。忙しいときも一瞬で出来るはずです。
<健康維持のために>
便チェックは、大腸がんを見つけるためでもありますが、他の病気や体調を見たりと健康維持のためでもあります。便の色によって、体調が分かるそうです。少しでもいつもと違う色だったら、そのままにしておくのではなく、病院で検査すべきですね。もしかしたら、それで病気が見つかるかもしれません。早く行った方が早期発見となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク