ビタミンB12 神経障害

ビタミンB12 神経障害

ビタミンB12が欠乏すると肩こりや腰痛、貧血、末梢神経障害、脊髄障害、認知障害等の神経障害につながる恐れがあります。水溶性ビタミンであれば過剰摂取しても排出されるので心配はありませんが、脂溶性の場合は体内に留まるので摂り過ぎには注意しましょう。
ビタミンB12が不足すると上記のような神経障害が起こります。もし心当たりがあるようならば、病院で検査してもらいましょう。ビタミンB12は体の中で神経や脳の働きを担っています。重要な成分なのですね。食品から摂取する場合は過剰摂取の心配はないと思われますが、お薬やサプリメントで補給する場合は過剰摂取に注意されて下さい。ビタミンは過剰摂取によって頭痛や吐き気を及ぼす危険性があるため、適度に摂る必要があります。
<症状が見られたら補給しましょう>
成人が一日に必要とするビタミンB12は5.0ugです。ビタミンB12の欠乏による神経障害でも補給すれば改善する事があるので、まずは病院で調べてもらいましょう。また胃を切除されている患者さんの場合は吸収率が悪くなるので駐車でビタミンB12を補給すると良いでしょう。尿が黄色くなっている場合はビタミンが排出されている証拠です。ビタミンを摂取した記憶がないのに黄色く変化している場合はまた違う体の変化かもしれませんので病院で検査をされて下さい。必要以上に恐れずに、日頃からビタミンB12を含む食品を意識的に取るように心がけて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク