ビタミンB12 食品

ビタミンB12 食品

ビタミンB12を多く含む食品は、しじみ、あかがい、すじこや牛肉のレバー、あさり、ほっき貝、いくら、はまぐりの佃煮、鶏肉のレバー等がトップに挙げられます。ビタミンB12を多く含む食品は主にこういった魚介類や肉になります。魚介類では貝がビタミンB12を沢山含んでいるようです。
ビタミンB12は食品から摂取する場合、何に含まれているか理解しないと得ようがありませんね。上記で述べた物の他にも魚介類や肉の動物性たんぱく質であれば、ビタミンB12を多く含んでいます。意識して食べると良いでしょう。またビタミンB12が含まれる食品として発酵食品が挙げられます。発酵の過程で増えるようです。普段から主食のご飯にあさりの味噌汁、焼き魚か肉のおかず、そして野菜という位置づけで食べて行くとバランスよく栄養を摂る事が出来ますね。もちろん魚や肉のおかずはアレンジが豊富ですから様々な料理にして楽しみましょう。
<ビタミンB12は魚と肉、覚えましたか?>
簡単に焼くだけでも味付けを変えるだけで違うものです。毎日ほんの少し意識するだけで食生活は違ってきます。ビタミンB12は疲労回復に欠かせない成分でもあります。また集中力が欲しい方や病気の予防をしたい方にもお勧め出来ますので毎日食べ物から得られると良いですね。ビタミンB12は食品ならば魚か肉、と覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク