アガリクス 分子量

アガリクス 分子量

抗がん・がん予防のために、習慣生活の見直しやがん予防に効くとされる食品の摂取を行っている方も多いかと思います。そんな中、近年注目を浴びている食物があります。それが「アガリクス」です。
アガリクスはキノコの一種であり、健康に良いとされるさまざまな栄養素を含んでいるのですが、その中でも免疫を正常にする働きや免疫活性効果がある、βーグルカンを豊富に含んでいるのが特徴です。しかしアガリクスは分子量がとても大きく、通常は1万以上あると体内に吸収されにくいと言われているなか、アガリクスの分子量は約100~200万以上と非常に大きいものとなっております。
<体内に上手く取り込むには>
そのため、普通に摂取するだけでは、せっかくの栄養素を効率よく体内に取り込むことことができません。そのため、低分子化し体に吸収されやすく加工された形で、世の中では多くの健康食品として販売されております。しかし、低分子であることが体内に吸収されやすいからといって、分子量を1万以下のあまりに小さいものに分解しすぎると、せっかくの栄養素が損なわれてしまうことにもなります。よって加工品を購入する際はある程度の知識と見極めが必要になってくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク