キングアガリクスとは

キングアガリクスとは

さまざまなアガリクスを使った健康食品が販売されておりますが、その中で最近注目を集めているのが、「キングアガリクス」を使った商品です。
アガリクスの栽培方法は、ハウス栽培やタンクの中で培養するなどの手法を取られることが多いのですが、このキングアガリクスとは、栽培が非常に難しいとされる自然露地栽培という手法を取っております。原産地も、自然の宝庫であるブラジルで栽培されており、太陽の恵みをふんだんに受けています。キングアガリクスとは、このような自然露地栽培されたアガリクスのことを総じて呼びます。
<普通のアガリクスとどう違うの?>
キングアガリクスはハウス栽培で栽培されたアガリクスに比べ5倍以上の大きさとなり、見た目も明らかに違うのですが、当然栄養素も多く含まれております。βーグルカンと呼ばれるすぐれた栄養素がハウス栽培のものよりも1.5倍も多く、ビタミンDに至っては30倍以上も含まれております。さらに、βーグルカンだけではなく、高濃度のポリフェノール酸化酵素も含まれており、見た目も中身も、まさにアガリクスの王様とも呼べるでしょう。そして、近年ではこのキングアガリクスを使った健康食品も販売されるようになってきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク