アガリクス 作用

アガリクス 作用

実際、アガリクスを摂取することにより、体内にどういったよい作用があるのかが気になるかと思います。がんに効果があると知られておりますが、実際は体に備わっている免疫機能を高める効果があるとされております。
アガリクスにより、体内にあるマクロファージやNK細胞と呼ばれるものの働きが高まり、それぞれ体内に侵入してきたウイルスや細菌を攻撃や分解してくれる作用があるため、がん全般を予防するだけではなく、がん細胞を小さくしたり、がん細胞の増殖を抑えたりしてくれます。実際にアガリクスによりがんを克服したという報告もあるようですが、医学的にはそれがアガリクスによるものなのかどうかは証明できてはおりません。
<がん以外にも効果あり!?>
免疫機能を高める効果があるため、がんだけではなく、アレルギーの改善、コレステロール値を下げる、動脈硬化の予防、肝機能向上、などさまざまな作用があると報告されております。原産地であるブラジルのピエダーテ山脈地方では、生活習慣病の発生率が低いとされており、まさにアガリクスによって、人々が健康的に暮らしているとも言えます。そのため、普段の生活の中で体調が優れないことが多い方にとっても、重宝されるものになるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク